About PiD

先端学際デザイン学の論理は、
その研究プロジェクトと
研究テーマによって4つの領域をもっている
先端性・学際性・融合性・統合性を
背景としたデザイン対象領域である。
結果、そのデザイン論理学とは、
それぞれの領域を進化させる
概念と手法を見つけ出している。
つまり、
帰納的・弁証的・数学的・造形的・美学的に
デザインの論理学的な概念を決定している。
この論理性によって、
Progressive inclusive Designを誘発している。
先端学際デザイン学により、
再構築された
「情報学」「計画学」「設計学」「編集学」
というデザイン手法を、
Progressive inclusive Designという
概念のもと新たなデザイン学研究として、
デザイン理工学・デザイン医工学・
デザイン文理学・デザイン政経学
という領域から、これからの
デザイン美学とデザイン実務学を創出する。
その中心的拠点がPIDである。

2017 © Osaka University Kazuo Kawasaki Progressive Inclusive Design Laboratory

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Access to PiD >>