Photon Bar

Design on Science & Technology - Photonics

体内で炎症が発生している場合、肉眼でその程度を確認することは困難である。その場合、血清中の炎症マーカーと呼ばれる物質を測定することで炎症の有無、部位の大きさ、強さを判断し、経過の観察をすることができる。
C反応性蛋白(C-Reactive Protein:CRP)は臨床検査で広く利用されている代表的な炎症マーカーである。"

2018 © Osaka University Kazuo Kawasaki Progressive Inclusive Design Laboratory

Access to PiD >>