NOTES

Design on Medicine & Engineering - NOTES

軟性内視鏡(胃カメラのような柔らかい内視鏡)を体表に開口する自然の孔(口や肛門など)から挿入して、消化管の壁に孔を開けて腹腔内に進入し手術を行う。将来は口や直腸を通してNOTES法による手術が実施される可能性もある。2004年に米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルチモア)で開発され、日本では2008年8月に大阪大学医学部附属病院で初実施された。"

2018 © Osaka University Kazuo Kawasaki Progressive Inclusive Design Laboratory

Access to PiD >>